防犯・断熱・飛散防止・目隠しほか各種窓ガラスフィルムの神奈川「株式会社 ビビッド」、「目隠しフィルム」

Icon Tel045-594-0501

Icon Mailお問い合わせ

Icon Tel045-594-0501

Icon Mailお問い合わせ

目隠しフィルム

  • TOP  >  
  • 目隠しフィルム

blindfold

「窓からの眺めが気に入っていたのに、前に家が建ってしまった」「道路に面している窓があり、人通りが気になる」など、窓の視界についてお悩みの方は少なくありません。そういったお悩みを解決できるのが、目隠しフィルムです。

こちらでは、神奈川で防犯・断熱・飛散防止・目隠しほか各種窓ガラスフィルムをご提案する「株式会社 ビビッド」が、目隠しフィルムについてご紹介します。目隠しフィルムでプライバシーを守り、1ランク上の快適な生活を手に入れませんか? くわしくは、お気軽に当社までお問い合わせください。

目隠しフィルムの特徴

目隠しフィルムの特徴

通常の透明な窓ガラスには、室内に光を取り入れたり眺めをよくしたりする目的があります。しかし透明なため、外からの視線を遮ることができず、昼間からカーテンやブラインドなどで対策をとっていることが多いといえます。しかしそれでは外光が取り込めず、窮屈な空間になってしまいます。

そこで役立つのが目隠しフィルムです。外光を取り込みながらプライバシーを守り、開放的な暮らしをつくります。目隠しフィルムは外からの視線を遮るだけでなく、まぶしすぎる太陽光を和らげることも可能です。

またUV(紫外線)カット効果もあることで住まわれる方のお肌を守り、さらに家具や床などの日焼けを防ぎます。目隠しフィルムは種類も多く、お部屋の雰囲気に合わせてデザインを選ぶことも可能です。

こんな場面に最適です!

Scene1 隣の家から部屋の中が見える
Scene1 隣の家から部屋の中が見える

家同士が隣接して建っていて、窓の外がすぐに隣の家……という方は多いのではないでしょうか。視線が気になるために常にカーテンを閉めたままになっていては、せっかく窓があっても光を取り入れることもできません。

このような場合には、ミラータイプのガラスフィルムがおすすめです。日中は太陽の光が反射して鏡のようになり、部屋の中は見えません。室内には外の光が入り、景色の見え方も著しく変わることはないため安心です。ただし夜部屋が明るくなると外から見えやすくなるため、夜だけカーテンを閉めるといいでしょう。

Scene2 通行人の視線が気になる
Scene2 通行人の視線が気になる

通行人の視線を遮るには、すりガラスのようになるフィルムや、グラデーションタイプのフィルムをおすすめしています。

これらは光の透過を遮断することはなく、室内を明るく保てます。どうぞご希望に合ったものをお選びください。

Scene3 窓の外の景色がよくない
Scene3 窓の外の景色がよくない

「窓の外は隣接する家の壁」など、外の景色がよくない場合には、柄付きのフィルムがおすすめです。

柄にはさまざまな種類があり、グラデーションやストライプ、ドット、花柄などお好きなものをお選びいただけます。もちろんスタッフがお部屋の雰囲気を拝見して、適したものをご提案することも可能です。

Scene4 窓ガラスを使って宣伝したい
Scene4 窓ガラスを使って宣伝したい

店舗などにおいて外からの視線を遮りながらフィルムの外側にプリントをすることで、宣伝に用いることも可能です。

「一面に大きな窓ガラスを入れたものの、光が入りすぎて困っている」という場合にも有効活用できます。

~UV(紫外線)カット~

~UV(紫外線)カット~

お家の中には、思っている以上に紫外線が差し込んでいます。「大切な絵画を日焼けさせたくないけど、人が集まる明るい部屋に飾っておきたい」「新築のきれいな畳や家具を、色あせさせたくない」「赤ちゃんの皮膚を紫外線から守りたい」など、家に入り込む紫外線でお悩みの方は多いのではないでしょうか。

そのような場合には、窓ガラスの内側からUV(紫外線)カット効果があるフィルムを貼ることで解決できます。フィルムが貼られていれば、何らかの衝撃で窓ガラスが割れてしまった際に破片の飛散を防ぐことも可能です。元気に遊ぶお子さんがいらっしゃるご家庭では、一石二鳥だといえるのではないでしょうか。