防犯・断熱・飛散防止・目隠しほか各種窓ガラスフィルムの神奈川株式会社 ビビッド、「断熱フィルム」

Icon Tel045-594-0501

Icon Mailお問い合わせ

Icon Tel045-594-0501

Icon Mailお問い合わせ

断熱フィルム

  • TOP  >  
  • 断熱フィルム

insulation

夏は涼しく、冬は暖かい家。それは誰もが憧れるものでしょう。それを叶えるための手段として、「断熱フィルムの活用」があることをご存じですか? 窓ガラスに断熱フィルムを貼ることで、快適な暮らしをつくりながらスマートな節約を実現できます。

こちらでは、神奈川で防犯・断熱・飛散防止・目隠しほか各種窓ガラスフィルムをご提案する株式会社 ビビッドが、断熱フィルムについてご紹介します。くわしくは、お気軽に当社までお問い合わせください。

断熱フィルムの特徴

断熱フィルムの特徴

断熱フィルムのもっとも大きな特徴は、「日差しを反射する」とともに「吸収する」ことにあります。断熱フィルムを窓ガラスに貼ることで、夏には室内に入る熱を抑え、冬には室内の熱が外に逃げにくくします。

室内環境が快適に保たれ、夏は涼しく、冬は暖かい家づくりを実現する断熱フィルム。光熱費の削減も可能です。ほかにも、外観を透明に仕上げ、窓ガラスが持つ透明感(採光)を活かすフィルムや、防音対策を可能にしたりするフィルムもあります。

こんな場面に最適です

Scene1 夏涼しく、冬暖かい家づくり
Scene1 夏涼しく、冬暖かい家づくり

「家」において熱は、おもに窓ガラスから出入りしています。そのため、暑い夏には外熱が窓から入ってくることで、冷房を使用してもなかなか室温が下がりません。逆に寒い冬には暖房によって温められた室内の熱が窓から外に出てしまい、なかなか室温が上がらないのです。

断熱フィルムを窓に貼ることで、夏場は日射による熱線をカット。冬場には室内からの熱の流出を軽減し、夏涼しく、冬暖かい家づくりを可能にします。

Scene2 省エネ・節電効果
Scene2 省エネ・節電効果 「夏の熱の侵入」や「冬の熱の流出」を抑制できることで、冷房・暖房の使用を控えられます。その結果、一年を通じて省エネ・節電効果も得られます。
Scene3 ガラス飛散防止
Scene3 ガラス飛散防止 断熱フィルムは熱を遮るだけでなく、大きな衝撃が加わったときにも飛び散りを抑える効果も備えています。散らばったガラス破片でケガをする二次災害や、災害時の避難路の確保も可能にします。
Scene4 UV(紫外線)カット
Scene4 UV(紫外線)カット

断熱フィルムの多くには、UV(紫外線)カット効果が備わっています。日光の明るさを取り入れるのと同時に紫外線の侵入を防ぎ、畳やカーテン、フローリング、家具などの日焼けを防ぐ効果が期待できます。

もちろん、お肌にもやさしいのはいうまでもありません。日中ご自宅にいることが多い方にもうれしいポイントだといえるでしょう。

~窓ガラスの熱割れ~

~窓ガラスの熱割れ~

「窓ガラスは熱で割れる」ということ、ご存じですか? 実は窓ガラスは、太陽熱の影響によって意外と簡単に割れてしまうことがあります。この現象を「熱割れ」といいます。

熱割れは、なぜ起きるのか。それは日光の当たり方の差が原因です。1枚の窓ガラスにも、直射日光が当たっている部分と当たっていない部分があります。日光が当たっている部分は温まって膨張するのに対し、何かの陰になるなどして日光が当たっていない部分は温度も上がらずそのままです。この温度差によって、熱割れが起きるのです。

熱割れは、どんな窓ガラスであっても起こる可能性があります。そこで当社では断熱フィルムの施工前に、フィルムを貼ってもガラス割れが起きないかどうかを検査する「熱割れ計算」を実施。その結果熱割れのおそれがあるとわかった場合には、フィルムの変更や施工の中止などをご提案することもあります。

熱割れ計算とは?
熱割れは、「窓が向いている方角」「窓ガラスの種類」「日陰の状態」「施工条件」などが複雑に影響し合うことで起こります。熱割れ計算では、事前に使用状況などのさまざまな条件を調査して発生する「熱応力」を推定。熱割れのリスクの有無を算出します。